新宿SMクラブSpanky(スパンキー)|女王様のブログ

○○で純粋に興奮してしまうホンモノのS女様のみ在籍

INFORMATION|ブログガイド

▼ ご案内

▼ ブログ掲載の衣装・道具のリクエストはカタログからお選びください

蒼女王様のブログ

  • 2021年03月02日 00時18分

    〜フェチ撮〜 vol.5

    今回のフェチ撮は「ベージュストッキング」。


    私は肌の色が白めだからストッキングの色は"ペールベージュ"という、ちょっと変わった色をよく使っているの。



    まだまだ寒い季節。
    ストッキングの上から靴下を重ね履きするんだけど、
    通気性が悪いから早歩きしただけで汗ばむし、電車で足元を暖められたら結構ぐっしょり。
    そんな時は(何故ここにマゾがいないの!良い蒸され加減なのに!)と内心思っているよ。


    そういえばこの間、電車の中で靴を脱いで爪先の食い込みを直している女性がいたのだけれど、
    その様子を凝視している男がいたの。
    (絶対マゾ、あるいはフェチ男…)と思いながら、マスクの下でニヤニヤしちゃった。
    男はどんな想像をしていたのだろうか…

    次回のフェチ撮もお楽しみに。

  • 2021年02月27日 18時23分

    喘ぎ声/叫び声/涙声

    ホテルによるけど、部屋の物音が聞こえたりする。
    特に廊下なんて筒抜けじゃない?
    セックスの喘ぎ声とかAVっぽい音声とか。

    でも聞こえて1番面白いのはマゾの叫び声。
    「うぎゃああああ…!」とか、「うわあぁぁ…!!」みたいな断末魔の叫びが割と聞こえちゃってる。
    それと共に女王様の怒号や笑い声も。

    どんな面白いことをしているんだろう!と想像しつつ、後ろ髪を引かれながらその場を立ち去る私。


    そんなことに気づいてから、マゾに声を出させるのが好きになったの。
    顔も知らない人に自分の喘ぎ声、悲痛な叫び声が聞かれているかもと思うと興奮しない?
    だから、ドアの近くで悪戯するのが大好き。
    聞かれちゃう可能性upだもん。
    声を出さないように我慢する、いたいけな姿も可愛いよ。


    ホテル利用者が多い夜の時間帯は叫ばせるのが楽しいのでは?と思い、初めてラストまで調教予定を出したの。
    3/3(水) 15:00〜ラスト
    3/4(木) 15:00〜ラスト
    私に責められても、お前の恥ずかしい声を聞かれないように頑張ってね。


  • 2021年02月25日 21時36分

    後ろ蹴りで制裁

    日常生活、害悪な変態に割と遭遇する私。
    電車内で痴漢に遭ったりするのです。
    そんな時は鉄拳制裁……ではなく、しっかり駅員さんのところへ連行。


    許されるなら、その場で後ろ蹴りをしたい。
    お腹を思いっきり蹴ってその場に蹲らせて、頭を踏み潰してやりたい。
    「邪なことを考えているのはこの頭か?」って。
    大衆の面前で頭踏まれるなんて、この上なく恥ずかしいね。
    これから先、生きていけないんじゃない?
    それとも犯罪を犯すような人間なんて恥とか関係ないのかしら。

    急所蹴りして気絶させるのも良い制裁。
    やっぱり性欲なんてものがあるから、痴漢なんて下劣な行為をすると思うんですよ。
    汚らしい歪んだ性欲をへし折る為には、金玉蹴るのが最適。
    潰れて使い物にならなくなるのが理想。
    性犯罪者の金玉なんてこの世で1番価値無いからね。


    痴漢ダメゼッタイ。


  • 2021年02月21日 18時16分

    力比べ→膝裏コキ搾精

    何回も「女なんかに負けない!」と意気込んで来ては、ヘロヘロにされちゃう子がまた挑みに来たよ。


    押し倒して、縦四方固めで身動き取れなくしたら、バタバタ藻掻いて逃げようと頑張っていたね。
    「女なんかに」って言うお前には、「男のくせに」って返すのがピッタリ。
    男のくせに力比べ負けて情けないね。

    縦四方から逃げたくても、
    耳に息吹きかけられて、はむはむされたらすぐ力抜けちゃう雑魚だもんね。

    その後はいつもの如く、私の好きなように絞めオンパレード。
    何回も絞められてふわふわの意識で、「まだまだぁ…」って言うお前を更に絞めるの楽しい。


    敗北感を味わせた後は、ねっとり膝裏コキで股間責め。
    ぬるぬるぐっちょりの膝裏で扱かれて一滴残らず精液奪われちゃうの、男としての人権剥奪って感じだね。
    私の腕の中でびゅーびゅーお漏らし射精、近距離でイキ顔見ちゃった。


    お前のおかげで膝裏コキが上達した気がする!
    これからも私にこてんぱんにされて、搾精されちゃいな?
    男のくせにド非力なバナナちゃん笑


  • 2021年02月20日 00時35分

    私のオーダーメイド家具

    私のオーダーメイド家具を紹介します。
    (恥ずかしがり屋の家具なので現物写真は無いよ)


    まず機能として、
    脚置き、灰皿置き、椅子、座椅子、マットレスを搭載。
    なかなか高機能。
    あとは結構フカフカモチモチの材質。
    温度は高めなので冬にはもってこい。

    この家具の特に良いところは、「高さ調節機能」があるところ。
    脚置きや灰皿置きとして使う時、四つん這いの高さを変えて、私が置きやすいように自ら調節するように出来ているの。
    最初はそんなこと出来なかったのに、自ら学習して出来るようになったお利口さん。

    でも命令して高さを変える時、
    あまりに低い位置にさせると震え出すのが欠点なの。
    家具は微動だにせず、私の役に立つのが役目なのにね。


    これからも私の体重を支え続ける家具へ。
    ちょっかい出しても崩れないようになって。
    使えない家具は粗大ゴミになるよ。
    またあの話の続きを聞かせてね。


  • 2021年02月18日 13時52分

    マゾ尻コレクション

    お尻ペンペンが大好きな私の写真フォルダには、マゾの赤いお尻写真が大量にあるの。
    その中でも「良い作品だ...!」と自画自賛出来るお尻を公開。


    トップ画像のお尻は、私が新人時代からずっと来てくれているスパンキングマニア。
    プレイ後にいつも写真を撮るの。

    左側が初期で、右側が最新。
    照明や角度の違いはあるけれど、確実に腫れあがりの度合いが違う!
    「またパワーアップしました?」って毎回聞いてくれるのだけれど、正直自分が強くなった自覚はなくて...
    けれどこれは一目瞭然。
    私、いつの間にかスパンキング強くなっていたみたい。
    (打ち終わりだから私の手も腫れてるね)



    次のこの子は質感がとても叩きやすくて、バシバシ叩いていたらこんなになっていたの。
    「お尻が熱い!」ってビックリしていたわ。
    ズタボロになりたがっていたから丁度いいわね。


    「ハードお尻ペンペン、受けたいです!」って来てくれる子いるけど大半がギブしちゃう。
    フルスイングを何発も打たれるから痛いと思うけど、私からの痛みだから耐えて欲しいな。
    マゾ尻コレクションに載れるくらい頑張って?
    私の為にね。


  • 2021年02月15日 00時13分

    惨めってこういうこと

    家畜以下の惨めな生物がまた来た。

    こいつには土下座から始めさせるんだけど、永遠土下座させておきたいくらい。
    最下等生物には丁度いい。

    赦しが無い限り私と目も合わせられないし、永遠におでこは床についたまま。
    ずっとそうしていたら?
    お前にはそのポーズがふさわしいしお似合い。


    強制奉仕。

    私が「止め」って言うまで足を舐めさせ続けたんだけど、へばってきて途中から舐めるのが雑になるのが分かる。
    お前如きが勝手に休んでいいとか思ってるの?
    ということで、リードを引っ張って強制的に舐めさせ続けたの。

    足だけじゃなく私の大事なところも。
    顎が疲れようと舌が痺れようと、私が満足するまで終わらない。
    休むと鞭が飛んでくるの怖かったかしら?
    口で言っても理解しないお前には、身体への罰がぴったりよね。


    もう無理…ってくらい疲れさせるのが好きだけど、
    そこから更に追い込むのは、肉体的にも精神的にも追い詰める感じがして心が満たされる。

    もっとお前を追い詰めてあげる。
    何故って?私が楽しいからよ。


  • 2021年02月06日 13時20分

    苦しみが快楽に

    女王様専門店初体験の子。
    右も左も分からない子に1から教えてあげるのは、
    「自分はマゾの変態なんだ...」って自覚させて、沼に引き摺り込む感覚。


    「圧迫されてみたいんです」とのこと。
    私の全てを受け止める覚悟があるってことよね。
    生半可な気持ちで来たわけじゃ無いだろうし。

    私のお尻で顔を押し潰してあげると、最初はすぐに苦しがってバタバタしていたけれど、
    何度も「まだよ、まだまだ」と繰り返すうちに耐久性が上がってきたの!
    急成長を遂げるマゾ。
    これは良い顔面椅子に育て上げられそう。

    「私の言うこと聞けるよね?」が魔法の言葉みたい。
    「はい!」って良いお返事をして、いくら鼻が潰れようが呼吸出来なくて苦しかろうが、耐え続けていたわね。

    ご褒美として太腿で顔面潰してあげたわ。
    初めてなのに偉かったよ。
    耐久記念として上に立って、ツーショット。
    私のお立ち台になれて良かったね。


    これから色んなことを覚えて、自分の性癖を知っていけたらいいわね。
    ア○ルも更に挑戦出来たら、また新しい扉が開くと思うわ。


  • 2021年02月05日 08時45分

    足責め踏みつけ拷問

    「蒼様のブーツの靴底にへばりつくガムになりたいんです...」
    そのような内容をカウンセリングで告白してきたお前。
    ガムが靴底についたら不愉快極まりないけれど、お前は私を愉快にさせてくれそうね?

    こいつの身体のありとあらゆるところを踏んだのだけれど、「踏んで楽しかったランキング」を教えてあげる。


    第3位 「指」
    地面に這い蹲るお前の指を1本ずつ踏むのは、拷問チックで良かったわ。
    私の体重が乗せられて、指が1本ずつ痺れていく感覚はどうだった?
    骨のある硬い部分だから、ゴリゴリとした踏み応えがあったわね。


    第2位 「ち○こ」
    踏みつけ続けても勃起が収まらないのは、お前がド変態だから。
    早漏だから足の刺激だけですぐにイキそうになっていたね。
    射精我慢の度に金玉にヒールを刺す遊び、またやりたい。


    第1位 「頭」
    征服欲が満たされるのはやっぱり頭。
    後頭部を踏みつけ続けて、おでこが床に擦れて真っ赤になっている見た目はお似合いだったよ。
    こめかみに体重を乗せたら、(このままパーン!とならないかしら)ってちょっとワクワクしちゃった。


    身体の部位で踏まれてないところは無い!ってぐらい、たっぷり靴底堪能出来たかしら?
    どこを踏まれても楽しそうなこいつは、ガム男と名付けましょう。
    ガム男、また靴底にへばりつきたくなったら、ちゃんとおねだりするのよ。


  • 2021年01月30日 15時19分

    〜フェチ撮〜 vol.4

    今回のフェチ撮は「競泳水着×タイツ」。
    所謂ツルすべフェチ。

    最近来てくれたマゾが提案してくれた着方なの。
    その子もツルすべフェチなのだけれど、
    「競泳水着とタイツやストッキングのツルすべ感は違う!けど、どちらも好き!だからどちらも味わえるこの着方は最高!」
    だそうよ。




    確かに、身体を自分で撫でてみても良い触り心地。
    でもこういうコーディネートをよく思いつくわね。
    フェチへの探究心の賜物ね。


    ツルすべな私を見たかったら、私物競泳水着はご予約時にリクエストしてね。

    ※タイツはいつも持っている訳では無いので、急なリクエストには対応出来ません。
    →黒ストッキングなら対応可


前へ123次へ
戻る
TOPページ