新宿SMクラブSpanky(スパンキー)|女王様のブログ

  • トップページ
  • 女王様一覧
  • スケジュール
  • 料金システム
  • コスチューム・道具
  • ブログ
  • ホテルマップ
  • ご利用案内
  • よくあるご質問
  • BBS
  • メール
  • 会員ログイン
  • 求人
【年末年始の営業】12月30日は23時閉店、12月31日~1月3日は休業いたします。

INFORMATION|ブログガイド

ご案内

1)初めてお会いするお客様にはカウンセリング時に必ず掲載の確認をいたします。
2)適切に運営するため当店と女性の間で定めているルールがございます。お客様と掲載のお約束をしても写真や内容が規定に違反していた場合は掲載されない事や削除される事がございますのでご了承ください。
3)露出目的、汚物系、ハードプレイなど閲覧できる方が限られるプレイ、閲覧される方に同意いただく必要があると推測されるプレイは加工を施すか掲載いたしません。
4)お客様のご希望にかかわらずお顔には加工させていただきます。
5) プレイ内容、文章の書き方の詳細な指定、掲載の催促はご遠慮ください。
6)刑法175条【わいせつ物頒布等の罪】に触れる内容の掲載は致しません。
※掲載を承諾したけれど「やはり掲載を控えてほしい」という方はプレイ後に女性か受付へ申告してください。

ブログ掲載の衣装・道具のリクエストは受け付けていません

ブログ掲載の衣装・道具はお客様の持ち込み品などが含まれるためリクエストは受け付けておりません。
リクエスト受付中の物は各女王様プロフィールページ、カタログページにまとめて掲載しておりますのでそちらからお選び下さい。

最新のブログ
  • 2023年01月30日 15時28分1

    MIKA
    もっと、お姫様だっこ

    この間来てくれたM男。
    MIKAにたくさん踏まれて気持ちよさそうにしてたね。

    最後、結構体重あるのにお姫様抱っこしてくださいなんて言うからびっくりしちゃったけど、MIKAだから持ち上げられたね♡
    こんなに重いの持ち上げたの自分でもびっくり。

    またチャレンジしにきてね。
    (撮影ありがとうございました!)
  • 2023年01月29日 13時17分1


    【大阪出張決定】

    2023/06/09(金)〜2023/06/15(木)の期間で大阪出張が決定致しました!
    DMなどで日本各地の方から「また出張はされないんですか?」との声を頂き、今回は出張第二弾として大阪にしました。
    詳細などは随時更新されていくので、こまめにチェックしてね。

    はじめましての西日本マゾ、そして西日本在住の私の奴隷達、会えるのを楽しみにしています。

    大阪の地で楽しい時間を一緒に過ごしましょう。


  • 2023年01月28日 15時37分3


    ワンと啼けば私が喜ぶ

    私の犬になりたいと擦り寄ってきた迷い犬。
    私の飼い犬になりたいのなら、呼べば足元にすぐに来て、私の言うことが何でも聞けて愛嬌たっぷりの名犬にならないと。
    馬鹿犬なんて私に相応しくないでしょう?

    飼い主さんの匂いを覚えないとここに帰って来れなくなるからね、飼い犬になる為の1ステップ目。
    鼻をスンスン鳴らしながら私の秘部の匂いを確かめるように嗅ぐ犬。
    ちゃんと嗅げているのかどうか、Spankyのいつき女王様にもチェックして頂きながら!
    人の目に触れながら犬として扱われるのはどんな気持ち?
    「もっと嗅げるでしょう」「休んじゃダメ」「何、勃起しているの」と女性ふたりに見下ろされながら指摘されて、発情期の犬の粗チンを勃たせていたね。
    いつきさんと私の唾を口で顔面で受け止めて嬉しそうな表情……貰って嬉しかったら可愛く「ワンっ!」って自主的に啼けるようになったら、更に可愛さアップかな?

    首輪に「蒼様の愛玩犬」という札をつけてもらえる為の第1歩目。
    まだまだ躾も教え込むことも必要だね、あと芸も出来るようにならないと。
    私の匂いが染み込んだものを投げて、取ってこいするのは得意そうだね笑
    私の犬としてどこに出しても恥ずかしくないくらいの忠犬になることを期待しているよ。

    いつき女王様、調教ありがとうございました♡
    また宜しくお願い致します♡



  • 2023年01月28日 01時40分5


    蒼い春を今

    お前の高校時代の強烈な思い出。
    憧れの女教師に体育館へと呼び出され、若き青年のお前は無垢な心でその場に向かう。
    そこで繰り広げられたその体験は大人になった今でもお前の中に凝りを残して、性欲と共に燻っている。

    そんな青春を目の前に引きずり出して、もう1回やってみようか。
    あの時どんな気持ちだったのか、本当はもっとこうされたかったとか、色々なことを思い出しながらやってごらん。
    その女教師の方の真意は分かりかねるけれど、私の気持ちは伝えてあげることは出来るから。

    女性の足に踏まれたい、女性の脚に縋り付きたい、虐げられたい、辱められたい、けど怖い。
    あの時は逃げた(時間に追われてという言い逃れでね笑)けれど、私の前では逃げ出すことも出来ないね。

    初めてのフードクラッシュ、お前は会う度に忠誠心が増しているようだから足舐めも上手になっていたよ。
    私の足についたシュークリームのクリームをぺろぺろと舐めとる姿、女教師の方に見せて差し上げたいくらい。
    変態生徒はますます変態になってしまいましたよ、と。

    お前が得意なことやヘタレなことが見定まってきたね。
    私の奴隷として完璧だと思えるよう教え込んであげるからついてきなさい。
    お前はこの現実でこの今、奴隷として生きていくのよ。



  • 2023年01月27日 20時53分1


    夢が現実に

    お会いしたマゾくん達に「楽しみにしてます!!」と言ってもらえている、例の北川プロ様の作品…
    そろそろとのことなので、写真も小出しに掲載していきますね。
    どんなことをしたのだろうと妄想を膨らませて待っていてね。

    先にデータを頂いて皆より一足先に観たのだけれど、一言で表すなら"夢が現実に"って感じかな。

    撮影後記も綴ろうと思っているのでお楽しみに♡




  • 2023年01月26日 17時51分2


    息をするのも私次第

    体内酸素濃度が16%を切ると精神集中力が低下、14%を切ると判断力の低下・意識朦朧・全身脱力、そして6%を切ると呼吸停止。
    生死に直結する酸素供給、それを私に握られる。
    日常生活なら"息が吸えて嬉しい"なんて考えることもないでしょう。
    当たり前のものを当たり前に貰える、そんな当たり前のぬるま湯なんかに浸らせてやらない。
    呼吸をさせてもらえるのもさせてもらえないのも私の気分次第。
    自分が生きていられるのは誰のおかげか、酸欠の頭でも分かるくらいに精神に刻み込んであげる。

    持参の全頭マスクの通気孔は片手でいとも簡単に塞げるサイズ。
    私のこの片手だけでお前への酸素供給は遮断され、その途端に息苦しく、そして酸素を求めて喘ぐのでしょう。
    気まぐれで塞ぐ。
    呼吸をする度にマスクがベコベコと膨らんだり縮んだり…吸おうとしても息が出来ない、いつ手を離して貰えるかも分からない、全頭マスクの暗闇の中でお前は絶望を感じるしかない。
    ひとりの人間を掌握するのがこんなにもシンプルなことなんて、人を従属させ、人を意のままに操ってきた歴史の独裁者のようになるのは意外と簡単なのかもしれない。
    そんなことを思いながら煙草片手に、酸素を求めて喘ぐこの男を見下ろすのは気分がいい。
    私はこんなにもリラックスしているのにお前は窮地。
    この絶望から逃れるにはお前はどうすべきか、さあ、その頭をフル回転させて考えなさい。
    お前に残されている時間は数分、いや数秒かしら。



  • 2023年01月26日 16時48分2

    いつき
    蒼女王様のワンちゃん


    蒼女王様のワンちゃん躾け教室にお邪魔しました٩( ᐛ )و

    扉を開けるとそこには蒼女王様の花園にすり寄って敏感な鼻をくっつけてスンスン嗅いでいるワンちゃん。

    お行儀が良いのか悪いのか?随分と興奮気味のワンちゃん。


    蒼女王様の命令で、きちんとお行儀良く正座してお口を開けて待ってる。

    そして、
    唾唾唾唾。唾を吐きかける。蒼女王様と交互に。顔面を目掛けて。

    唾を吐かれているのに、笑顔でとても可愛らしくて気持ち悪いワンちゃんですね。悦んでいるのが手に取るようにわかる。尻尾がブンブンと左右に振られてるもんね。

    いつきの唾吐きコントロールが不良だったけど、顔面キャッチしてくれる機敏なワンちゃん。日々の躾けの成果を見せてくれてうれしいです。唾も底つきたので、オヤジの如く喉を鳴らして痰を差し上げたよ。顔面汚いね。

    そしてオナニーの許可が出たので犬のオナニーを拝見すると、とても変わった擦り方をするワンちゃん。

    「変わった擦り方をするんですね笑」と蒼様と大笑い。

    ペニスの小ささと細さにも大笑い。(ガチで)

    そのまま擦ってたらいつか消えてなくなっちゃいそうで心配だったよ。

    蒼女王様、唾が底尽きずにそして正確なコントロールが素晴らしかったです。だからこんな手こずり変態犬を躾けられるんですね。とても楽しい調教(躾け教室)をありがとうございましたっ♡

    ◎また3Pしましょうね。私には君がコーギーに見えました。
  • 2023年01月25日 16時01分4


    背徳のこの密室で

    ほぼ何も見えない暗がりの中でも、お前の緊張や不安が息遣いや言葉の端々から伝わってくる。
    自由も意見も何もかも私に奪われてこれから先の人生を狂わせられる覚悟が決まったから、ここにいるのでしょう?
    私と同じ空間、お前が夢にまで見た憧れのこの場所、それは思い焦がれて身を焦がす程に。
    お前は気づいていないだろうけど、私と目を合わせ、視線が絡んだその瞬間から既にもう私の手中。
    後悔しても後戻りなんて出来ない、藻掻けば藻掻く程に絡む蜘蛛の巣みたいなもの。
    お前の手首足首に繋がれた縄がその証拠。
    自分の頭の中の甘い妄想でこちらにおびき寄せられて、捕らえられたお前はまさに私が美味しく頂く為の餌。
    最初は脳を犯す?それとも身体を犯す?
    一気になんて喰らってあげない、時間をかけてじっくりと私のことしか考えられない廃人間にしてあげる。

    感度のいいお前は私のやる事なす事全てにいい反応を示すから、更にもっとと私が欲深くなってしまう。
    ねぇ何回その脳でイッたの?私の吐息がかかるだけで身を震わせて、脳から快楽物質ダダ漏れなっているの?
    唾液の味や匂い、私の温もりや柔らかさ、全てがお前の理性の箍を外す材料に。
    こんな顔、人前で見せれないね、私は全部見ているけど。

    お前は私に堕ちた哀れな一匹のマゾ。
    また背徳の暗がりで会いましょう。


  • 2023年01月23日 15時29分4


    オーラルレ○プ

    オーラルレ○プ、口淫凌辱。
    お前のブツとは比べ物にならない程の極太ペ○スを喉奥まで捩じ込まれることによって、自分に付いているものはペ○スなどと呼称してはいけない、まともなペ○スすら付いていない自分は男と名乗ることすら出来ないと理解しなさい。

    「蒼様のペ○スを下さい…」とペ○スを求めてこんな品性の欠片もない言葉を口にするようになったのも、お前が私の調教によりペ○ス狂いとなったから?それとも自分に無いものを求めてしまうという無意識の欲求に従った必然かな?
    けどお前の願望を満たす為に私が差し出す義理も情も無いのだけれど。
    お前の欲の為では無い、私の欲を満たす為に犯していることを今までの調教で学べないなんて……呆れた。
    お前の口は所詮私にとってはただのオナホール、ただ喉をものとして使われて、私の欲の捌け口になるだけ。
    そこには思いやりも気遣いもない、ただ無慈悲に喉を使われる事実だけ。

    嗚咽しながら「蒼様のペ○ス美味しいです」と言葉を吐き、滲み出る涙と唾液に塗れながら勃起するお前。
    その顔が私の欲を増幅させること、まだお前は気づけていないね。


  • 2023年01月22日 17時03分2


    感じた犬はワンと啼く

    怖がりのマゾ犬くん、今にも泣きそうな顔が印象的。
    私がそんなに怖いのかな?
    いきなり酷いことなんてしないから安心してよ。
    君がいい子だったら褒めてあげる、けど悪い子は叱らなきゃいけないからね。
    沢山褒められて、沢山可愛がられたいなら、お利口な犬でいればいいだけの話。ね、簡単でしょう?

    飼い犬は飼い主の言うことを聞けるから飼ってもらえるの。
    私の足置きとしてそこにおすわり。
    じっとしているだけでいいのに君はぷるぷると震えてしまうね。
    私の脚が触れるだけで感じてしまう、そんな敏感なところは可愛いけれど、私はじっとしてなさいと言ったはずよ。
    飼い主との約束も守れない駄犬は躾が必要、逃げ出そうとしても手も足も拘束されて横たわることしか出来ない君は無力だね。
    犬は犬らしく啼かないと。
    気持ち良くなったら、そして苦しくなったらワンワン啼いてごらん。
    大好物の脚を首に掛けて絞めあげると、脚の間から微かにワンワンと聞こえる。
    感じたらワンって啼くんだもんね、絞められて気持ち良くなっちゃったのかな、それならもっと欲しいよね?
    ほら、喉が潰れても啼き続けて。

    ご褒美欲しさにキツい水責めにも耐えて偉かったよ。
    頑張った子にはいい子にはご褒美をあげる、君は躾を頑張ったからご褒美を貰えたの。
    私とのあの約束をちゃんと守ってこれるかな、お利口なワンちゃんなら守れるはずよね?