新宿SMクラブSpanky|女王様のブログ

○○で純粋に興奮してしまうホンモノのS女様のみ在籍

新宿SMクラブSpanky(スパンキー) > 10月12日の写メ日記

れいこの日記

2021年10月12日 16時01分0優しいご主人様
れいこの写メ日記画像
今回も奴隷くせに生意気に
優しくお願いします。
と、ほざく奴隷。

毎回いい度胸してるよね。

でもね、れいこ様ってとっても心が広いご主人様だから最初は優しくしてあげたの。

まあ最初だけね。

この子に沢山敏感になって欲しいから、アイマスクを付けて体を遊んであげるの。

指で体を伝わせると、いやらしい奴隷の喘ぎ声が響く。
視覚を奪われた子は、聴覚が発達するのよね。
私の動く動作の音が敏感に反応して、その様がとっても面白いの。

耳にふーっと息をかけると腰から崩れていきそうな力の抜け具合。
神経が耳に集中してる中、私の指先はお前のお尻、脇腹、背中、乳首へと。

もうお前の口元は緩み、情けない喘ぎ声を響かせる。

そして、私の足元に正座をさせる。
盛った動物のように私の脚に擦り寄る。
そう、私の脚がこんなに欲しかったのね。
思う存分楽しみなさい。
と、ゆっくりブーツを履いた私の足先が口に近づく。
口を開き、目一杯の舌を出してブーツと一体になった私の足を貪りつく。

欲しかったんでしょ?もっと味あわせてあげる。

口の中にグッと足を入れ込む、お前は嗚咽を吐かせ顔背けようとする。
手枷をつけた手で目一杯抵抗しようとする。

無駄な抵抗しちゃって、おバカさん。
お前の体は、ご主人様のモノ。
お前の口は、ご主人様の脚を綺麗にするモノ。

蒸れて汗をかいてしまった足をお前の口に押し込む。
無理矢理押し込むとお前は涙を流しながらもがき苦しむ。

抵抗しようと顔を背けるその根性が気に入らない。
お前のためにご主人様がせっかくお仕置きをしてあげているのに。

ベットの上で馬乗りになり、抵抗出来なくなったお前に私のペ◯スを舐めさせる。

いやらしく、ヨダレを沢山出して、音を立てて舐めてごらん。

短い舌を必死に伸ばし、チュパチュパ。

なんだか、赤ん坊がお母さんの乳首吸っているようね。
私は、いやらしくヨダレを沢山出せと言ったはず。そんな事もできない奴隷には、私が身を持って教えてあげないと。

髪を掴みグッと私のペ◯スを喉の奥まで突っ込む。
そのまま私の腰がお前に向かって動き出す、ゆっくり、そして徐々に激しく。
喉ちんこを沢山犯してあげたわ。
おかげで目は涙でいっぱい、口の脇からヨダレを垂らして、手枷を付けた、まさに変態奴隷ね。

やれば出来るじゃない。
でも、まだ私が教えこまないと出来ないんじゃ立派な奴隷とは言えないわ。

お前が立派な奴隷になる日が楽しみだわね。



れいこの写メ日記画像
戻る
TOPページ