新宿SMクラブSpanky|女王様のブログ

○○で純粋に興奮してしまうホンモノのS女様のみ在籍

新宿SMクラブSpanky(スパンキー) > 07月20日の写メ日記

蒼の日記

2021年07月20日 15時57分4ロストバージンの夜
蒼の写メ日記画像
視界を奪われて仰向けに寝転がらされた男。
いつどこから襲われるか分からない…、そんな状況で勃起してしまうなんてね。
"夜這いされたい"という淫らな欲望を抱えた男の、期待と興奮が入り交じった吐息が静かな部屋に響く。

早く…早く襲って欲しい…と言わんばかりに、屹立した股間の先からは我慢汁がとめどなく溢れる。
自身のお腹をぐっしょりと濡らしていること、気づいているのかしら。
まだ何もしていないのにねぇ。

どうしようもなく焦らしたくなった。
焦らして、もっと我慢させて、欲しい欲しいって気が狂いそうになるまで我慢させたくなるの。
だから皮膚の薄い敏感なところを撫であげる。
視覚を奪われた分だけ他の感覚が鋭敏になって、頭から爪先まで快感が貫くような感覚でしょう。

そして唐突に足の爪先でお前のモノを擦りあげる。
突然の大きな快感に恥ずかしい声が沢山出ちゃっていたね。
焦らされる快感と急激な快感を与えられて、脳がクラッシュしちゃったのかな。
「いっぱい喘いでごめんなさぃぃ」、マゾ自覚の無いお前がそんな言葉を言うなんてね。
完全に快楽に支配されていたよ、お前。


でも更なる快感を与える為に、処女ア〇ルも捧げさせたよ。
初めてなのにあんな声で喘いで、あんなふうにおねだりして…ただのド淫乱な犯されたがりの雌でしかなかったね。
お前のあんなところは私しか知らなくていいから、あえてブログには書いてあげない。


ねぇ、また襲われたいなら次は自分から目隠しして、ベットに横たわっていて?
それくらいは出来るでしょう?
私のペ〇スで沢山よがらせてあげる。



蒼の写メ日記画像
戻る
TOPページ