新宿SMクラブSpanky|女王様のブログ

○○で純粋に興奮してしまうホンモノのS女様のみ在籍

 > 11月10日の写メ日記

エレナの日記

2019年11月10日 19時42分I’m_gonna_best_your_ass♡
エレナの写メ日記画像
"自分よりも歳下の女の子に懲らしめられる"
というのは、疾しさや後ろめたさが付き物である。

「お前、今朝アタシのこと痴漢したヤツだろ!」

制服姿の女子高生エレナに因縁を付けられ、怒鳴られている男もまたそれを感じているうちの1人だ。

「言いがかりですよ!僕じゃありません…!」

怯みながらも無駄な抵抗をする痴漢野郎はだが、力持ちなエレナにあっさりとねじ伏せられてしまった。蹴りを入れられ、床に押し倒され、ボコボコにされてしまう。「当然の報いだ」と言わんばかりにほくそ笑むエレナ。
痴漢野郎に土下座をさせ、味を占めたエレナは「警察に突き出されたくなかったら、アタシの言うことを聞きな。」と命令。無駄な抵抗をやめた痴漢野郎は、無様なイヌに成り下がる…それしか選択肢が無いと思い知った痴漢野郎は、いとも簡単に女子高生の言いなりになってしまうのだ。

椅子にドッシリ腰をかけ、脚を組みながら飼い犬と化した痴漢野郎の芸を楽しむエレナ。

「床に手をつけ。3回回ってワンと言え。」

悔しそうな表情でモタつく痴漢野郎にイラついたエレナは「モタモタすんじゃねえよクソ!」と怒鳴りながら尻を蹴る。暴行を受け、ボロボロになっているはずの痴漢野郎の股間は何故か勃起している。

「アンタ、いい歳してJKにボコられて恥ずかしくないわけ?てか、勃起してるし。マジであり得ないんだけど。オッサン、もしかしてマゾなんじゃない?」
そんなことは…ともごもご言葉を濁しながら抵抗をするが、こんな時にも身体は正直なもの。

「お前は一生エレナの奴隷として仕えるんだな。このクソ変態野郎が。」

弱みを握られ、逃げ場のなくなった痴漢野郎の応えはただ1つ。

「はい…。」

そう言わざるを得ないその男は、女子高生エレナの足舐め奴隷として一生こき使われるのだ。指と指の間の垢や爪のカス全てを掃除させられ屈辱に滲む痴漢野郎の顔であったが、どこか嬉しそうなのもエレナのS心を擽るのであった。
エレナの写メ日記画像
戻る
TOPページ