新宿SMクラブSpanky|女王様のブログ

○○で純粋に興奮してしまうホンモノのS女様のみ在籍

 > 02月20日の写メ日記

エレナの日記

2019年02月20日 16時34分Let me remind you about everything
エレナの写メ日記画像
さて、もう常連になりつつあるマセガキくん。(最後の記事は2017/11/8)

なんと!
驚くことに中学生当時惚れて嵌められた女の子が私とちょっぴり似ているのです…自分に似てる人なんて本当にいるのかな?と疑ってかかったけど、実際に写真を見たら本当に似てました。(笑)
初めて会った当初、なんでこの人私の顔を凝視してくるんだろう?と思ってた謎が解けた。

そして彼女のインスタグラムを未だに覗いていると白状したマセガキくん…。
「きもいんですけど。」と言うと、「だって気になるじゃないですか!」
相変わらず往生際が悪いよね。同級生に見た目も容姿もガキのまんまって言われるでしょう?と聞くと、「いや、変わったって言われますよ。なんか、劣化したって。」などと返してくるので思わず大笑い。それ、褒められてないし…マセガキくんってやっぱり天然なのかな。

こんなマセガキが人並みに女の子からモテる、っていうのははてさて良いのか悪いのか。
というのも、中学生当時、自身を取り囲んでリンチしてきた女子と最近になって再会し、大人の関係という事に及んだらしい。うーん、ノリが若いね。(私より年上だけど。(笑))しかもその女性、そのグループの中で最も自身を痛め付けてきた人だそうだ。抱きしめ合った時に彼女の体格のよさに「これじゃあ、勝てるはずが無いな…」と改めて確信したのとともに興奮を覚えたのだとか。

マセガキくんはどこまでも甘ちゃんなので、実家暮らしで自分の洗濯物も含めた家事の全てをママにやって貰い、将来結婚したいけど家庭を守るというよりは守られたい…うーん男らしさのオの字も無いのね。
女を馬鹿にしてきたのにぶちのめされて、自分よりも強くてたくましい女性を魅力的だと思ってしまうマゾに目覚めてしまったのも納得。

調子に乗っていた中学生当時、「女よりも男の方が知能指数が低い」と女性蔑視発言を繰り返していたのにも関わらず、その“女”にあっさり騙され、嵌められ、肉体的にも負けてしまった自分はさぞ悔しかっただろう…。

「どっちが頭悪いか分かったか?」

涙で滲んだ顔のボロボロのマセガキくんにそう言い放った女の子たちはやっぱり正しかったようだ。
今回も前回同様、ストーリープレイで負かせてコスプレの刑に処してやりました…。 


そこは喫茶店。

ココアを嗜んでいたら、見覚えのある女性が。それは中学生当時、自身を騙してきたあの彼女ではないか。思わず声をかける。

「あれ、エレナじゃない?」

「えーっと…ああ、同級生の〇〇?何してるの、こんなところで。」

「何って…普通に。てかあの時、悪いことしたっていう自覚ある?」

「いや、悪いも何も無いでしょ。」

「何、悪くないって。日本語通じます?頭悪いって言われるでしょ?」

初っ端から女性蔑視発言を繰り返すそいつを身体でねじ伏せ、無抵抗状態にさせる。

「サッカーも弱いし、頭悪いし、すぐ騙されるお前の方がよっぽど馬鹿だよねえ(笑)」

嘲笑い、見下されながら「他に何で勝てるっていうの?」と肉体的にも精神的にも痛めつけられる…。許して欲しけばコスプレをしろ、誠意を見せろという命令を断れず……ミニスカナース姿で情けなく土下座する彼なのであった。
コスプレ姿は、うーん悪くない。なかなか可愛らしかったな。


そうそう、上に記した「人並みに女の子にモテる」という文言…ついでに記すとすれば、男の子にもモテるということ!海外行きの飛行機に乗っていた時、隣に座った外国人男性に痴漢され、裸の写真を見せつけられ、困惑していたマセガキくんの姿を想像するだけでたまらないね。

何気なく、お尻は処女なのか?と聞いたら案の定そうらしいので…奪うのは私かな?次回、楽しみだね。
エレナの写メ日記画像
戻る
TOPページ